脳神経外科このページを印刷する - 脳神経外科

医師の紹介

脳神経外科_加川隆登Dr 加川隆登(島根医科大学医学部:昭和62年卒業)

 

  • 脳神経外科学会専門医・指導医
  • 島根大学医学部臨床教授
  • 医学博士

 

脳神経外科_木村麗新Dr 木村麗新(島根医科大学医学部:平成4年卒業)

 

  • 脳神経外科学会専門医・指導医
  • 脳卒中学会専門医・指導医
  • 島根大学医学部臨床教授
  • 医学博士

 

No Image 江田大武(島根大学医学部:平成22年卒業)
  • 脳神経外科学会専門医・指導医
  • 脳神経血管内治療学会専門医
  • 脳卒中学会専門医
  • 脳神経外傷学会認定指導医

 
No Image 㯃松翔子(島根大学医学部:平成30年卒業)

 

脳神経外科の紹介と特徴

島根県西部地域唯一の24時間救急対応可能な脳神経外科として、あらゆる脳神経外科疾患を扱います。

  • 日本脳神経外科学会専門医訓練施設
  • 日本脳卒中学会認定研修教育病院
  • 日本脳卒中学会一次脳卒中センター認定施設

得意分野

  1. 高齢者患者に対する手術治療
    低侵襲な方法を選択することで、できる限り手術治療が可能となるようにいたしております。
  2. 重症くも膜下出血の治療
    病状に応じて手術治療、保存的加療を選択し治療を行います。
  3. 重症頭部外傷の治療
    手術治療、脳圧センサーを用いた脳圧管理・バルビツレート治療等により脳へのダメージをできる限り少なくなるようにいたしております。
  4. 脳出血に対する手術治療
    機能予後を考えて、開頭手術か定位脳手術を選択いたしております。また術後早期よりリハビリテーションを開始いたしております。
  5. 未破裂脳動脈瘤の手術治療
    手術適応がありましたら十分な術前検査を行い、低侵襲な手術方法を検討し、手術を行います。
    検査希望がございましたら、まず外来受診していただければ幸いです。
  6. 虚血性脳血管障害に対する急性期治療
    適応がある場合には血栓回収術やrt-PA(アルテプラ—ゼ)療法を行います。
  7. 頸動脈狭窄の治療
    手術適応がある場合、低侵襲な手術方法であるカテーテルによる頸動脈ステント留置術(CAS)を行います。

 

主な検査・治療・医療機器など

脳血管撮影、CT、MR、SPECT、脳破

対象疾患

脳血管障害、脳血管内治療(カテーテル)、頭部外傷、脳腫瘍など脳神経外科一般を対象といたしております。入院・精査・相談など目的は問わず、お気軽にご紹介ください。

2019年に施行した主な脳神経外科的手術の数

  • 脳腫瘍
    • 摘出手術【1例】
    • 生検術【1例】
  • 脳血管障害
    • 破裂脳動脈瘤(開頭)【12例】
    • 未破裂脳動脈瘤(開頭)【4例】
    • 高血圧性脳内出血(開頭血腫除去術)【7例】
    • 高血圧性脳内出血(定位手術)【4例】
    • 経皮的血栓回収術【18例】
  • 外傷
    • 急性硬膜下血腫・急性硬膜外血腫【10例】
    • 慢性硬膜下血腫【70例】
  • 水頭症
    • 脳室シャント術【26例】